HOME > 福祉課 > 暮らしの情報:障害者福祉

障害者福祉

介護保険サービスを受けていない方/後期高齢者医療制度/長寿へのお祝い

障害者手帳

  身体障害者福祉法をはじめとした、障害に関するいろいろな制度の適用を受けるために障害者手帳の所持が必要な場合があります。

【1】身体障害者手帳
○交付対象者視覚・聴覚・平衡機能・音声言語機能・そしゃく機能・肢体(上肢・下肢・脳原性運動機能障害)・心臓機能・腎臓機能・呼吸器機能・ぼうこう又は直腸機能・小腸機能・ヒト免疫不全ウィルス・肝臓機能による障害がある場合。
○内容障害の程度により1級から6級までに区分されます。障害の部位・程度により種々の援護制度を利用できます。
○必要なもの・身体障害者手帳申請書・指定医師の診断書・写真(タテ4cm ヨコ3cm 上半身無帽)・印鑑



【2】療育手帳
○交付対象者熊本県福祉総合相談所において知的障害者と判定された方。
○内容障害の程度や相談・指導の記録が記入され手当の申請等援護制度を利用する場合に便利です。手帳には、障害の程度により次の4つに区分されます。・A1 最重度・A2 重 度・B1 中 度・B2 軽 度
○必要なもの・療育手帳交付申請書・写真(タテ4cm ヨコ3cm 上半身無帽)・印鑑



【3】精神障害者保健福祉手帳
○交付対象者精神障害を有する人に対して申請に基づいて交付されます。
○内容交付される手帳には、障害の程度により1級から3級までに区分されます。
○必要なもの・障害者手帳申請書・ 医師の診断書(または障害年金の年金証明書の写し及び年金振込通知書等直近の年金額がわかるもの)・写真(タテ4cm ヨコ3cm 上半身無帽)・ 印鑑




お問い合せ先  小国町役場 福祉課 0967-46-2116

ページの先頭へ

補装具・日常生活用具

【1】補装具の交付と修理
身体上の障害を補って必要な身体機能を獲得するために用いられる用具(補装具)の交付及び修理を行っています。
○対象者障がい者・児 及び 難病患者等
○内容熊本県福祉総合相談所において補装具を必要と判定したとき障害の内容に応じ、それぞれ必要な補装具の交付及び修理が受けられます。
○補装具の種類・視覚障害者  (盲人用安全杖、眼鏡、点字器、義眼)・聴覚障害者  (補聴器)・音声・言語障害(人工咽頭)・肢体不自由者 (義肢、装具、車椅子、歩行補助杖、歩行器)
○必要なもの・補装具購入・修理申請書・身体障害者手帳(難病患者等は除く)・補装具意見書・処方せん・補装具見積書




【2】日常生活用具の給付・貸与
在宅の重度身体、知的障害者(児)に対し、日常生活用具が給付又は貸与されます。
○対象者在宅の重度身体、知的障害者(児)
○内容詳しい用具の種類については、健康福祉課へお尋ね下さい。
○必要なもの・日常生活用具給付等事業申請書・身体障害者手帳・日常生活用具見積書※補装具・日常生活用具の利用者負担は、原則として1割です。ただし、所得に応じて一定の負担上限が設定されています。


ページの先頭へ

各種手当

【1】特別障害者手当
身体又は、知的・精神に著しく重度の障害があり、日常生活に常に特別の介護を必要とする20歳以上の在宅重度障害者に対し支給されます。
※ 所得制限があります。



【2】障害児福祉手当
身体又は、知的・精神に著しく重度の障害があり、日常生活に常に特別の介護を必要とする20歳未満の在宅重度障害者に対し支給されます。
※所得制限があります。



【3】心身障害者扶養共済制度
心身障害者(児)を扶養する者(保護者等)が加入者となり、毎月一定の掛け金を納め、加入者が死亡又は重度障害者となった場合に扶養する心身障害者(児)に年金が支給されます。

お問合せ先: 小国町役場 福祉課 0967-46-2116

ページの先頭へ

税金免除等制度

 各種税については、それぞれの障害の程度に応じて障害者控除があります。相談や申請については、次の機関で行います。


所得税、相続税
阿蘇税務署



自動車税、自動車取得税
熊本県阿蘇地域振興局 税務課



住民税、軽自動車税
小国町役場 税務課


ページの先頭へ

障害福祉サービス

  サービスは、個々の障害のある人々の障害程度や勘案すべき事項をふまえ、支給決定が行われます。障害の種類や程度・目的により次のようないろいろなサービスがあります。

○介護給付
・居宅介護(ホームヘルプ)   ・重度訪問介護
・行動援護           ・重度障害者等包括支援
・療養介護           ・短期入所(ショートステイ)
・施設入所支援         ・生活介護
・児童発達支援         ・共同生活介護(ケアホーム)
・放課後等デイサービス


○訓練等給付
・自立訓練(機能訓練・生活訓練)・就労移行支援
・就労継続支援         ・共同生活援助(グループホーム)


ページの先頭へ

自立支援医療

 自立支援医療には、以下の3つがあります。負担については、原則として1割です。但し、収入によって月当たりの負担上限額が設定されています。


【1】更正医療
疾病、負傷等そのものを治療するものではなく、一般医療によって既に治癒した障害に対し、障害の除去、軽減を図り、その日常生活能力、又は職業能力を回復し、若しくは獲得させる医療。
(例:人工透析、人工関節置換術、経皮的冠動脈形成術などです。)


【2】育成医療
身体上の障害を有する児童、又は現存する疾患を放置した場合、障害を残すと認められる児童であって、確実な治療効果が期待できるものに給付する医療。


【3】精神通院医療
通院による精神医療を継続的に要する程度の症状にあるものに給付する医療。


ページの先頭へ

相談窓口

【1】小国町役場 健康福祉課
障害者福祉の中心的機関として生活上のいろいろな相談に応じ、また各種専門機関と連絡を取るなど各種福祉制度の窓口となります。○小国町役場 健康福祉課 TEL0967-46-2116



【2】福祉総合相談所
身体障害者及び知的障害者のさまざまな問題に対して、障害者が安心して利用できる総合的な相談機関と医学的・心理学的・教育学的・職能的等の総合的な判定機能及び助言・指導を行うところです。○熊本県福祉総合相談所熊本市長嶺南2丁目3-3TEL096-381-4411



【3】保健所
地域における妊産婦・乳幼児・児童・老人・精神障害者の健康について、相談・指導を行っています。○阿蘇保健所阿蘇市内牧1204TEL0967-32-0535



【4】相談支援事業所
障害のある方や家族等からの障害福祉に関する各種相談に応じ、情報の提供・助言・障害福祉サービス利用援助等の必要な支援を行います。

相談支援事業者住所電話番号主たる対象者
第二悠愛相談
支援センター
小国町宮原261746-2616特定なし
たちばな園
相談支援事業所あそ
阿蘇市三久保71532-2689身体障がい者
知的障がい者
精神障がい者
障がい児
くんわ相談支援センター阿蘇市黒川40635-5211知的障がい者
障がい児
時計台阿蘇市一の宮町
宮地115-1
22-5505精神障がい者


ページの先頭へ

重度心身障害者医療費の助成

 重度の心身障害者が医療を受けた場合に、その自己負担の一部について助成する制度です。

○助成対象者
・身体障害者手帳1~2級所持者
・療育手帳A1~A2所持者
・精神障害者保健福祉手帳1級所持者
・福祉手当受給相当者


○助成金額
下記に掲げる額をそれぞれ差し引いた額を助成します。
・通院の場合 1つの医療機関について月額1,020円
・入院の場合 1つの医療機関について月額2,040円
・医療保険各法の規定による高額医療費及び組合管掌保険等の規定による付加給付費

ページの先頭へ

ページの先頭へ

福祉課

交通アクセス交通アクセス
小国町について小国町について
小国町について小国町について

町長室町長室
広報おぐに広報おぐに
ふるさと寄付金ふるさと寄付金

よろず申請本舗よろず申請本舗
くまもとGPMapくまもとGPMap


ページの先頭へ