HOME > 総務課 > 職員採用試験

平成28年度 小国町職員採用試験のご案内

町長からのメッセージ

 このページをご覧になる方は、地方公務員にどのような思いをお持ちでしょうか。
 「なんとなく楽そう。」「経済的に安定している。」そんなイメージでしょうか。
 町役場で働くということは、決して楽なことではありません。また、全国的に人口減少が進むと予期される中で公務員に対して抱きがちな「安定」が続くかも不透明です。

 しかしこれだけは断言できます。

 国や県と比べて住民に最も身近な行政主体である町役場は多種多様な課題の最前線で、この国が今後採るべき指針の宝庫であり、そこには今後数十年の人生を賭けるのにふさわしい舞台が広がっていると。

 役場が町民に行っている行政サービスは非常に広範囲で多岐にわたります。国や県の制度を勘案しつつ、時に国や県の制度に不足があれば制度の改正を要望しながら、町の政策を考えていかなければなりません。
 しかし、町の政策にしても、国や県の制度にしても、「これが正解」というものはありません。往々にして、誰かにとっての利益は、同時に、別の誰かにとっての損失となるからです。
 だからこそ、町役場の職員は目の前で接する町民はもちろん、その家族や、その町民が住む集落にまで思いを馳せながら、その一つ一つに真剣かつ柔和に向き合わなければなりません。町民一人一人の声を、思いを、人生を懸命に聞いてきた職員同士の英知と議論の結集こそが町民へのかけがえのない果実につながるものと信じているからです。この中ではこれまでの経験に裏打ちされた人間性、知性、感性等の全人格が求められます。

 小国町は他の自治体と同様、多くの課題を抱えています。これは決してネガティブなことだとは思っていません。課題の先進地であるからこそ、課題解決の先進地になると考えています。
 町から県を、日本を、そして世界をリードする行政モデルを提示することも可能です。
 小国町は、内閣府の「環境モデル都市」に採択され、地域の資源を活かした循環型のまちづくりに鋭意取り組んでいるところです。また、小国町は、小国杉やジャージ種の乳牛による乳製品、高冷地野菜等の第一次産業や温泉地を始めとした観光業も盛んです。これらを有機的に結び付けながら、また、新たな魅力の発掘に職員は日々奮闘しています。小国町をより面白くするのも、さらに魅力的にするのも職員次第です。あなたの全人格が常に試され、それを向上させる場がここにあります。

「人の思いに寄り添い共感する力」
「多種多様な意見に耳を傾け客観的に事柄を判断する力」
「柔軟に粘り強く解決策を模索する力」

私たちは、こうした「人間力」を備えた皆様を待っています。
これからワクワクするような小国町をともに創造しませんか!

小国町長           

小国町役場 課・係・業務内容


機構及び事務内容.jpg

小国町職員採用試験のご案内

新人職員の一日



住民課 住民係  川原 亜美

小国町職員となった動機
中学3年生の頃に当時担任だった先生から進路として公務員を勧められたことがきっかけで、幼いころから親しみがあり大好きな小国町をより盛り上げていく一人になりたいという思いが大きかったので、自分なりに考えた結果、小国町役場の職員がいいのではないかと思い志望しました。
日常の仕事内容
戸籍や住民票の郵便請求の処理や窓口・電話での対応を主にしています。住民課では町民の皆さんの個人情報を取り扱うことが多いので、情報漏えい等がないように十分に気を付けて業務にあたっています。今はまだ理解、経験、勉強、注意力の不足がありますが、頼りになる上司に恵まれており、色々なことを見聞きしながら毎日少しずつ学んでいます。


時 間

業 務

業務内容

8:30

登庁

家が遠いので、自動車で通勤しています。役場についたら、パソコンを立ち上げたり、フロアの掃除をしたりしています。

8:45

メールなどのチェック

お知らせやメールの確認をします。

9:00

書類チェック

課内で回覧している書類をチェックします。

 10:00

郵便物確認

住民課に届く郵便の振り分けをします。その後、戸籍関係の郵便請求の書類を確認し、請求通りの戸籍や住民票を出します。書類に不備や不明な点などがあれば電話で確認をします。

12:00

昼食

弁当は基本的には自分で作って持ってきています。できるだけ食べたいものを入れて、午後からのモチベーションが上がるようにしています。

13:00

窓口対応

住民票や戸籍を出したり、他の課に案内をしたりします。お客様に尋ねられてわからないことや自分では判断できないことがあれば、上司の方に聞いたり、相談したりしてそれをもとに対処します。また、聞いた内容はできるだけメモを取って記録を残します。

15:00

郵便を出しに行く

最寄りの郵便局かポストに郵便物を持っていきます。郵便局の窓口が閉まる前に持っていくように心がけています。

17:00

レジしめ

売上等の計算をし、数字があっているか確認し、会計管理室に持って行って確認してもらいます。

17:30

退庁

書類の整理をして、明日しなくてはいけないことのメモ書きを机の上において帰ります。


川原01.jpg川原02.jpg

ページの先頭へ



教育委員会 社会教育係  高口 真徳

小国町職員となった動機
大学院卒業後、私は約5年間中学・高校で理科(生物)を教えていました。生徒にいつも語っていた「夢に向かって努力・挑戦する」との言葉を自分に問いかけ、一念発起しました。原点に立ち返り、「地域を活性化したい」との想いが強くなり、自分がこれまで学んできたことを生かしたいと考えるようになり、両親の故郷であるこの小国で実現させ自分自身をさらに磨き成長していくとともに小国町発展の行事などに携わりたいと考えたのがきっかけです。
日常の仕事内容
私は教育委員会の社会教育係という部署で主に各子ども会における庶務及び県子ども会連合会の行事参加や青少年健全育成における庶務、町の行事である文化祭や成人式の企画や運営を担当しています。事務的な作業が多く、覚えることも多種多様で上司の方に教えていただきながら、日々学んでいます。力・知識も不足していると実感させられていますが、早く戦力として働けるよう仕事を覚えようと頑張っています。


時 間

業 務

業務内容

7:30

登庁

自動車・自転車・徒歩等その日に合わせて変えます。今日は車です。

7:45 掃除 この日は週1回の当番の日。飲み物の用意や掃除をして、きれいな職場になるよう心掛けて行います。
8:30 始業 朝礼後、まずはメールの確認。

8:45

書類作成・書類整理

書類を整理しファイリングします。町の行事について同僚と相談し、慎重かつ迅速に行います。その後、提出する書類について上司と相談。相談するときも真剣です。

11:00

 

移動図書の準備と読み聞かせの練習。上手くいくよう練習は欠かせません。

12:00

昼食

普段は外食です。でも今日は気分を変えて弁当を注文!(健康にも気をつけています)

13:00

絵本の読み聞かせ【移動図書】

幼稚園での絵本の読み聞かせに行きました。練習したけど不安Max。でも全力で奮闘してます。【子どもの笑顔は癒しの時間です】

15:00

書類作成・書類整理

書類を整理しファイリングします。町の行事について同僚と相談し、慎重かつ迅速に行います。その後、提出する書類について上司と相談。相談するときも真剣です。

16:00 ラジオ収録 図書室の本やイベントの紹介。今日はどんな本を紹介するか毎回悩むところです。

17:00

メール確認

帰る前に再びメールの確認。大事な書類が添付されているかチェックします。

17:15

退庁

 


高口01.jpg高口02.jpg
高口03.jpg高口04.jpg

ページの先頭へ





建設課 上下水道係  渋谷 仁一朗

小国町職員となった動機
私が小国町職員になろうと思ったきっかけは、一度小国を離れて生活し、その中で、小国町の人の温かさであったり、雄大な自然、おいしい食物などたくさんの良さを改めて実感することが多くあり、そのような小国町の良さをもっとたくさんの人に知ってもらえるような仕事をしたいと考え、小国町の職員として働きたいという思いにつながりました。
日常の仕事内容
私は、建設課の上下水道係という部署で主に下水道を担当しています。皆さんが生活していく中で出る汚水をきちんときれいな水にできるように頑張っています。仕事の内容としては、事務的な作業もありますが、処理施設からの警報が入ったら、現場を見に行ったりと維持管理業務や新しく浄化槽を設置する受付なども行っています。まだまだ力不足、知識不足な部分が多いので、上司の方に教えていただきながら、学習の日々を送っています。


時 間

業 務

業務内容

8:30 登庁 まずは、メールチェック&警報のチェックをします。一日の中で、この二つはいつも気にかけるようにしています。

8:35

業務の確認

そのあとは、今日出来る事務的な仕事をリストアップして、ある程度一日のイメージ作りをしてから、仕事を開始します。(仕事も野球もイメトレは大事です。)

8:45 書類の処理 県から届く書類の処理、調査物の作成などを行います。

 

 

空いている時間を利用して、業務に関係する資料や本、ネットのページを見たりして、少しでも知識を増やせるように勉強しています。

12:00

昼食

母の手づくり弁当を美味しくいただいてます(感謝、感謝)

13:00

現場対応

水道施設から警報が入り、現場に向かい、業者の方とどうするか検討し改善作業を行ったりします。急な警報や電話にもすぐ対応しないと、住民の皆さんに迷惑をかけてしまうので、常に流動的にはなりますが、できるだけ、スムーズに仕事ができるように工夫しながら毎日業務に取り組んでいます!!

17:15

退庁

警報の呼び出しが鳴らないことを祈りつつ帰路につきます。



渋谷01.jpg

ページの先頭へ





住民課 隣保館  渡邊 徹

小国町職員となった動機
私は,非常勤職員として約4年間町役場で働き、職員の方が町民により良い生活ができるように働いている姿に感銘を受け、わたしも公務員になりたいと思いました。住民の生活を、一番身近な行政である市町村の立場から支えていきたいと考えたからです。現代社会においては、高齢化など社会的に弱い立場に置かれている人が増えてきているのではないかと思います。すべての住民の方の最低限の幸せな暮らしを、社会福祉の充実などの政策により守っていきたいのです。
日常の仕事内容
私は、隣保館・児童館に配属されています。この隣保館・児童館は平成7年に開館して今年22年目を迎えます。隣保館と児童館が併設された施設で、愛称は「パラソルセンター」。大きな傘を広げたような建物で”大きなパラソルの下で一人ひとりの人権を育もう!”をスローガンに活動を進めています。施設の目的として「地域福祉の向上、人権啓発における住民交流の拠点」として位置づけられており、これまでの取り組みとして主なもので、毎年9月・12月に開催している「人権啓発フェスティバル」や住民交流を目的とした各種の講座、教室等の開催をしているところです。人権教育・啓発基本計画に基づいて人権行政を進めていくことになりますが、この隣保館が中心的な役割を担っていくものになります。また、併設されています児童館についてですが「児童の健全な育成を図ることで、健康を増進し情操を豊かにすること」が目的とされています。いろいろな遊びを通して幼児や児童・生徒に適切な指導を行うことや、子育てに関する地域活動の育成等を行うことも児童館の事業とされています。子育て支援が叫ばれている状況のなかで、この児童館の果たすべき役割もまた大きいものと考えています。


時 間

業 務

業務内容

8:10 登庁 開館(セキュリティ解除)

8:30

朝礼・始業

館長朝礼
業務内容確認

9:00 支払関係処理 各種支払業務

10:00

役場(本庁)へ

館長決裁
書類回覧

12:00

昼食

弁当持参

13:00

会場準備

貸館事業(各種団体)会場準備

17:30

退庁

閉館(セキュリティ設定)

渡邉01.jpg渡邉02.jpg

ページの先頭へ





保育園課 宮原保育園係  時松秋花

小国町職員となった動機
子どもたちと一緒にたくさん遊んで、たくさん笑って、子どもたちにとって何年たっても落ち着く居場所をつくりたいと思いました。
日常の仕事内容
2歳児の保育業務


時 間

業 務

業務内容

8:20 出勤 ※早朝保育当番有 (2~3回/月)受け入れ準備

8:30

保育開始

子どもの受け入れ



ままごとなどで一緒に楽しく遊んだり、トイレに連れていきます。朝のお集まりで歌を歌ったり、体操をして楽しみます。

 

 

お絵かき、粘土、季節の遊び、散歩、園庭遊び等道具の使い方など教えながら子どもたちと一緒に楽しみます。

11:40

給食

園児と一緒に給食を食べ、子どもたちの食事が進むように援助します。

12:45

給食あとの準備

給食を食べた子どもから歯磨きの手伝いをしたり、トイレに連れていきお昼寝の準備をします。
家庭からの連絡帳を確認し、保育園での様子を記入します。

15:00 おやつの時間 手を洗ったり、帰りの準備を手伝い、おやつを配ります。
16:00 帰りの準備 ブロックなどで一緒に遊びながら、おうちの方のお迎えを一緒に待ちます。
  明日の準備 掃除・翌日の準備等

17:30

退勤

月に2~3回、延長保育の当番があります。

時松01.jpg時松02.jpg
時松03.jpg時松04.jpg

ページの先頭へ

総務課

総務課TOP総務課TOP
行政情報行政情報
入札・契約入札・契約
広報おぐに広報おぐに

町長室町長室
広報おぐに広報おぐに
ふるさと寄付金ふるさと寄付金

よろず申請本舗よろず申請本舗
くまもとGPMapくまもとGPMap


ページの先頭へ